水晶夫人のひとり旅

アラフィフ主婦のマイル獲得、ひとり旅など。JALの上級会員になりたい!

【旅行記】魅惑のトルコ⑥~パムッカレ編後半

パムッカレのもう一つの世界遺産、ヒエラポリス。

すばらしかった!

一日では足らず次の日も午前中から出かけて、夕方日が落ちるまでじっくり見て歩きました。

 

f:id:madamcrystal:20170529091959j:plain

 

ヒエラポリスとは、「聖なる都市」という意味だそうです。

 

紀元前190年にペルガモン王国の都市として建設され、ローマ帝国に征服されてからは温泉保養地として繁栄を極めました。剣闘士の試合に人々が熱狂したであろう円形劇場、ローマ式の浴場である北の浴場、一度に1,000人が入浴できた大浴場跡などの遺跡が残り、今に往時を伝えます。

類まれな自然の造形美と温泉文化を謳歌した古代都市ヒエラポリスも、度重なる地震に見舞われ今は廃墟に。パムッカレ・テルメルの温泉プールの底にはローマ時代の遺跡が沈み、石柱に腰を掛け温泉に浸かれば、パムッカレの絶景を眺めながら温泉を愉しんだローマ皇帝や、温泉に癒しを求めた古代の人々がどこか近い存在に感じられます。(阪急交通社より)

 

 いや~、ほんと、すごかった!

なにこれ~って感じでした。

 

2000年も前に、もうこんなに文明が発達していたなんて!トルコって、すごい文明国家だったんですね〜。

 

円形劇場

f:id:madamcrystal:20170529092006j:plain

 

この階段、すごく急でした。

しばらく階段に座って目をつぶっていると、ローマ時代の映画に出てきそうな猛獣と奴隷の戦いの場面が、目に浮かんできました。

 

 浴場跡

 f:id:madamcrystal:20170529110653j:plain

 

 

阿部寛の映画「テルマエ・ロマエ」の入浴シーンが、思い出されます。

完全に妄想の世界。

 

確かここは、マーケット跡だったと思いいます。

 

f:id:madamcrystal:20170529091956j:plain

 

 

たくさんの人たちが、ここを行ったり来たりしていたんですね~。

 

 

f:id:madamcrystal:20170529091957j:plain

 

 

f:id:madamcrystal:20170529091955j:plain

 

 

f:id:madamcrystal:20170529091952j:plain

 

 

 

f:id:madamcrystal:20170529092002j:plain

 

ここは、墓地です。

 

f:id:madamcrystal:20170529091954j:plain

 

 

棺には、何か文字が刻まれています。

 

f:id:madamcrystal:20170529110654j:plain

 

 

この中に眠っている人の名前や、亡くなった年月日が刻まれているのかな。

 

ヒエラポリスの面積はとても広くて、団体旅行だと、ほんの一部しか見ることができません。

 

その点個人旅行だと、じっくり見て回れるのでよかったです。

 

f:id:madamcrystal:20170529092000j:plain

 

 

かなりの距離を歩きまわりました。

その間中、ず~っと妄想しまくり。ローマ時代の衣装を着た人たちの姿が本当に見えた気がしました。

 

 

f:id:madamcrystal:20170529092003j:plain

 

 

夕日が美しい・・・

 

白い石灰の中にも棺が。

 

f:id:madamcrystal:20170529092004j:plain

 

不思議な光景でした。

わざわざ石灰の上に棺を置いたわけではないでしょう。長い長い年月をかけて、このようになったのでしょうね。

 

 

f:id:madamcrystal:20170529110655j:plain

 

 

f:id:madamcrystal:20170529110656j:plain

 

 

ヒエラポリス・・・

 

はるかはるか昔。

ここに都市があって、たくさんの人々が日常生活を営んでいたんだな~。

それが、大地震によってこんな廃墟になってしまった・・・

なんだか、鳥肌が立ってしまいました。

 

最低でもまる一日時間をかけて、じっくり歩きまわって、2000年前の古代都市へ時間旅行を楽しんでください!